バイト・アルバイトなら「バイトと面接対策講座」へ!

面接が通らない人へ

バイト・アルバイト皆さんはアルバイトをしたことがあるでしょうか。したことが有るという人のなかにも、どうしても面接が苦手だったり、面接合格率がひくくて悩んでいるという人は結構いらっしゃるのではないかと思います。
アルバイトにおいて採用試験を設けている場合はあまりありません。これも善し悪し、向き不向きがあるというものでしょう。試験によって能力を問うてくれるなら、実力さえあれば合格することが出来るという人も多いのではないかと思います。
しかし、面接しかないということは、すなわち人間性であったり、コミュニケーション能力であったり、数値化することができない部分というものを評価されているということに他なりません。これというのは、人によっては非常に難しかったり、なれないことだったりするのではないでしょうか。しかしながら、こうした面接についても、試験と同じように、ある程度は傾向と対策によって対処をすることが出来るのです。無策で突っ込んでしまうよりは、そうした準備や心構えをしている方が良いでしょう。ここではそんな傾向と対策について、簡単に見て行きたいと思います。

面接において重要なこと

言葉遣いでしょうか。違います。
人間にとって最も大きな影響をあたえるのは、第一印象だと思っていただいていいでしょう。では、バイト面接における第一印象とはなにか。それは、電話連絡です。アポイントメントを取らずにバイトの面接をするということはそうないでしょう。バイトの面接をするのであれば、当然その旨を最初に電話で連絡することになります。
電話というのは面と向かってではない分、印象がダイレクトに伝わってしまうことが考えられます。
特に声だけですから、この部分が顕著だということは踏まえて置かなければなりません。まずこの電話口において気をつけてなければならないのは、言葉遣いでしょう。当然タメ口ではなしたりするのは論外です。慇懃無礼にならない程度に、丁寧な言葉遣いを心がけて連絡することが必要になります。
この場合は事務的な連絡ですから、あくまでもその程度の認識でいいでしょう。また、言葉遣いと同じぐらいに大事なのが話し方です。例えば声のメリハリということが重要になってくるでしょう。ハキハキとした喋り方なのか、聞き取りにくい喋り方なのか、これは電話先の相手に対して大きく違う印象をあたえることになります。
普段から滑舌が悪いと自覚していたり、緊張しいだという人は、特に気をつけるようにしましょう。本当はその場その場で対応出来るのが一番ですが、電話をする前にある程度原稿を作っておくというのも一つの作戦なのではないかと思います。
そして、実際に合った面接においては、やはり重要となるのが身だしなみや姿勢、面接での所作ということになるでしょう。企業面接のようにガチガチな格好であったり、そういった雰囲気である必要はありません。職場に合わせた服装で、職場に合わせたヘアスタイルを心がけるようにすると、合格率はぐんと上がるはずです。

このページのトップへ

Copyright(C) バイトと面接対策講座 All Rights Reserved.